E-Mail
大宮通り商工振興会事務局
ホーム
歳時記
インフォメーション
MAP
お店情報
平城宮跡
リンク集
ホーム>平城宮跡>平城京 

  
                                                                 都の移転            

都の移転平城京

 和銅3年(710)、奈良盆地の北端に造られた平城京が新しい都と定められました。元明天皇が律令制にもとずいた政治をおこなう中心地として、飛鳥に近い藤原京から都を移したのです。中国・唐の長安城などを模範とした都をつくることは、当時の東アジア中で国の威厳を示す意味もありました。

 その後、聖武天皇は740年から745年まで、都を転々と移しますが、745年には再び平城京を都としました。そして、長岡京に都が移る784年までのあいだ、奈良の地が都として栄えたのです。この時期を奈良時代といいます。

 平城京のメインストリートは、京の南門である羅城門から北にまっすぐのびる幅約74mの朱雀大路です。朱雀大路をはさんで西側を右京、東側を左京といいます。左京に北の方で東にさらに張り出しがありました。平城京は大小の直線道路によって、碁盤の目のように整然と区画された宅地にわけられてます。平城京の住民は4〜5万人とも10万人ともいわれますが、天皇、皇族や貴族はごく少数の百数十人程度で、大多数は下級役人や一般庶民たちでした。

 


平城京の条坊
平城京の条坊
奈文研資料参照

平城宮跡   天皇の住居"平城宮” について